電波系趣味の総合マガジン「ラジオライフDX 2014」発売!–<総力取材>無線界ここだけの話ほか

表紙
1特トビラ
2特トビラ
3特トビラ
巻頭カラー
3特記事
images

※上のイメージをクリックすると大きいサイズの画像を別ウィンドウで開きます

電波系趣味の総合マガジン「ラジオライフDX 2014」発売

<総力取材>無線界ここだけの話

無線に役立つ!俺のスマホアプリ170本など

 

出版社三才ブックス(本社:東京都千代田区神田須田町代表取締役塩見正孝http://www.sansaibooks.co.jp ) は、ご好評をいただいている、アマチュア無線家、およびBCL(海外放送受信)ファンをはじめ、航空、鉄 道、消防防災などの電波系趣味を対象にした総合マガジン「ラジオライフDX(ディーエックス)2014」を 12月17日から全国書店、Amazonほかで発売を開始いたしました。

 

■「ラジオライフDX(ディーエックス)2014」の概要

・出版元:株式会社三才ブックス

・編集制作:株式会社パイルアッププロダクツ

・発売日:2013年12月17日(火)全国書店、Amazonほか

・体裁、総ページ数:A5版カラー/モノクロ148ページ

・価格:1,333円+税

・刊行形態:ムック

■Amazonリンク http://www.amazon.co.jp/dp/4861996635/

 

ラジオライフDX 2014 おもな記事内容

■第1特集 総力取材無線界ここだけの話20連発

老練なラジオライフDX編集部が、長年培ってきた独自の取材ルートから入手した無 線業界のうわさの真相や、他誌では絶対に書けないキワドイ話が満載です。2013年の 無線業界の事件簿であると同時に、2014年の無線業界を占う記事を紹介しています。

JARL(一般社団法人日本アマチュア無線連盟)会員でなくても気になる、TSSと の泥沼の争いと選挙無効問題、消防デジタル受信機や国産のデジタル解読器など気 になる製品の真相にも迫ります。ネットのうわさとは違う、ここだけの話です!

・JARL vs. TSS「システム障害」の背景

・放送局仕様150Wステレオ送信機がネットで買える

・各社から発売「消防デジタル受令機」のすべて

・会員104名が提訴、JARL理事選挙無効の行方

・日本製のデジタル解読受信機を入手

・昭和の雰囲気も見納め…「短波放送局」に潜入! ほか

 

■第2特集 後悔しない1台を選ぶハンディ無線機2014ベストバイ

ラジオライフDXならではのアマチュア無線からの視線で、人気のアマチュアハンディ機、FT1D、 ID-51、TH-D72、DJ-G7、VX-8D、VX-3をリポートしました。どれも個性的なハン ディ無線機ですが、全部を買うのは現実的ではありません。そこで今買うべきアマチュアハ ンディ機の“ベストバイ!”を決定。あなたにピッタリくる1台を編集部が選びました。

■第3特集 無線趣味を超便利にしてくれる俺のスマホアプリ最新170本

世の中に大量にありすぎて、どれを選んでいいのか分からない筆頭がスマホのアプリです。 日々新しいアプリが誕生していますので、気に入ったアプリに出会える確率は砂漠に落と した変換コネクタを探すようなもの。 そこで無線趣味に役立つアプリを170本紹介。いまや左手にスマホ、右手にハンディ機 を持って運用する時代です。えっ、それじゃ、PTTスイッチが押せないって!

・アマチュア無線

・衛星

・おもしろ無線

・交信系

・航空趣味系

・その他

 

■その他

カラー特集では往年の無線機を紹介。今回は珍しいメーカーの無線機をセレクトしま した。連載はBCLラジオや隣家のソーラーパネルによるノイズ問題、エレクトロニクス工 作チャレンジなど無線ライフの役立つ記事を掲載。特にソーラーパネルによるノイズ問題 は誰に降りかかってきてもおかしくない問題です。

 

「ラジオライフDX」とは。。。

1980年4月に創刊した月刊誌「ラジオライフ」は、警察無線の受信や偽造テレカ、盗聴に至るまで、決して他 では知ることのできない情報を紹介し続け、電波系マニアはもちろんのこと、電波系=機械いじりが好きで好奇 心旺盛な読者が多いということから、ハード系マニアにも支持され続け、創刊33年を迎えます。

しかし昨今の「ラジオライフ」は電波系の記事も少なく、当時の読者から「誰もが読んだ!!懐かしのラジオライフ 復活」を望む声を多くいただき、2011年12月19日に、受信、無線という「電波」関係に特化した1冊、「ラジオ ライフDX」を季刊誌(3カ月に1回の発行を予定)として創刊しました。趣味への復帰と強化を全面的にバック アップする内容です。   アマチュア無線やBCLは1970年代後半から1990年代にかけて、また各種の無線受信は1980年代から 2000年にかけて流行した趣味として、現在でも根強い愛好家が楽しんでいます。本書は累計数百万人にの ぼると言われる、これらの趣味の経験者(40代以上の男性)を対象とし、趣味に没頭できた時代の懐かしい 話題の回顧や、当時人気だった受信機、無線機をレストアする専門ショップの紹介、再びこの趣味にカムバック するために必要となる最新情報をジャンル別で豊富に掲載しています。

■ラジオライフDX創刊号

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861994284

■ラジオライフDX Vol.2 Amazonリンク

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861994535

■ラジオライフDX Vol.3 Amazonリンク

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861994896

■ラジオライフDX Vol.4 Amazonリンク

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861995256

■ラジオライフDX Vol.5 Amazonリンク

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861995612

■ラジオライフDX Vol.5 Amazonリンク

http://www.amazon.co.jp/dp/product/4861995833/

■ラジオライフDX Vol.6 Amazonリンク

http://www.amazon.co.jp/dp/product/4861995833/

 

■本件に関するお問わせ先■
報道関係者様向け問い合わせ先:

株式会社三才ブックス(担当:坂部光俊)
E-mail:sakabe@sansaibooks.co.jp
TEL 03-3255-7995(平日1000~1800)



■会社概要■
会社名:株式会社 三才ブックス
代表者:代表取締役 塩見正孝
本社所在地:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-6-5 OS‘85ビル4F
設立:1980年3月26日
URL:http://www.sansaibooks.co.jp/

■PDF版は pdfこちら からダウンロードしてください。

■関連ページ http://www.sansaibooks.co.jp/dx/%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95dx-2014.html