電波系趣味の総合マガジン「ラジオライフDX Vol.5」12月24日発売

表紙
1特記事
2特トビラ
2特記事
3特トビラ
3特記事
images

※上のイメージをクリックすると大きいサイズの画像を別ウィンドウで開きます

電波系趣味の総合マガジン「ラジオライフDX Vol.5」12月24日発売
無線/航空/BCL 趣味系マニアックソフト紹介
+ 今でも買えるBCLラジオ22機種のレビュー
出版社 三才ブックス(本社:東京都千代田区神田須田町 代表取締役 塩見正孝
http://www.sansaibooks.co.jp )は、ご好評をいただいている、アマチュア無線、およ
びBCL(海外放送受信)ファンを始め、航空、鉄道、消防防災などの電波系趣味を対象
にした総合マガジン「ラジオライフDX(ディーエックス)Vol.5」を12月24日から全国
書店、Amazonほかで発売を開始しました。

Vol.5となる今回は、アマチュア無線、航空無線、BCLといった趣味をより楽しく、よ
り便利にするパソコンソフトの実践レビューを掲載。その趣味にこだわったマニアッ
クな厳選ソフトを厳選しました。
また根強い人気のあるBCLは、1970~1980年代に起きた一大ブームの際に発売された
「短波ラジオ」を現在も大切に使っている人が多くいます。しかし、受信性能や機
能、保守の面で不安もあるのが事実です。そこで今号では「現在でも新品が買える短
波ラジオ」22台を集大成。その性能の徹底インプレッションを行いました。さらには
国産大手メーカーのハイエンド短波ラジオと、安価な中国製短波ラジオの性能比較テ
ストも実施。その驚愕の結果も紹介しています。
■「ラジオライフDX(ディーエックス)Vol.5」概要
・出版元:株式会社三才ブックス
・編集制作:株式会社パイルアッププロダクツ
・発売日:2012年12月24日(祝・月)全国書店、Amazonほか
・体裁、総ページ数:A5版 カラー/モノクロ 148ページ
・価格:1,333円+税
・刊行形態:ムック(年4回刊行、次回は2013年春予定)

■Amazonリンク
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861995612/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4861995612&linkCode=as2&tag=sansaibooks-22

ラジオライフDX Vol.5 おもな記事内容

■第1特集
無線/航空/BCL 使ってみました! ライバルに差がつく 厳選ソフト37本

アマチュア無線や航空無線、BCLといった我々の趣味をサポートしてくれるソフトは多
数リリースされているが、誰もが知っている定番ソフトならまだしも、一部でしか知
られていない(知っている人だけが便利さやディープさで虜になっている)ソフトも
少なくない。そこで使ってみないとわからない、編集部が厳選したソフトを一挙に紹
介しよう。

■第2特集
国産から中華製まで、いま買いの機種は? 最新BCLラジオ22機種

1970~1980年代に起きたBCLブームとは比べものにならないが、いまでも入手可能な
BCLラジオは少なくない。今回、それら手軽に手に入るラジオ22機種の使用感やスペ
ックなどの徹底比較を行ってみた。気になる実勢価格や、機種ごとの違いがわかる
「比較表」も掲載。さらには国産のハイエンドクラスの短波ラジオと、1万円台前半で
買える中国製短波ラジオの性能比較テストも実施。購入のときに参考になるデータが
満載だ!!

・国内メーカーの短波ラジオ 3社 15機種
・国内メーカーの本格的受信機 2社 2機種
・中国/台湾メーカーの短波ラジオ 3社 5機種

■第3特集
総力取材 ここまで書いちゃいました 2013無線業界を斬る

我々が趣味を楽しんでいるこの分野と切っても切れない関係にある、無線機器メーカ
ー、アマチュア無線機器販売店、アマチュア無線団体には、いま、さまざまな変革の
波が押し寄せている。普段はなかなか明らかにならない「無線機の売り上げランキン
グ」「無線機値崩れのヒミツ」「デジタル受信機の発売」「アマ無線連盟の財政問
題」などを編集部が総力取材。2013年の動向を占う渾身のリポートを掲載する。

・従来の常識が崩れる無線界変革の2013年
・アマチュア無線機「値崩れ」のヒミツ
・2012年無線機売り上げランキング
・意外に売れている無線グッズ
・無線ショップ店主覆面ボヤキ座談会
・消防無線のデジタル受信機が発売に
・本格導入が始まるデジタル放送連絡無線
・IP無線の導入が進み業務無線が大きく変わる
・2013年のおもしろ無線受信スタイル改革の年
・JARL終身会員の既得権益が消滅へ
カラー特集
●「BCLの日」記念 山田耕嗣先生愛用のBCLラジオ&グッズ
●「究極の無線車」登場!!
●注目機種のカラーインプレッション
・FTDX3000(八重洲無線)
・VXD20(バーテックススタンダードLMR合同会社)

■各種情報記事
・軍用イラストレーター、こがしゅうとの電波兵器
・ライフワークはアマチュア無線(安定化電源の秘密、太陽光発電のノイズ顛末記)
・ライセンスフリーな無線の世界
・エレクトロニクス工作チャレンジ
・放送時評
・RLDXレビュー&インプレッション
・RLプラザOB組
「ラジオライフDX」とは。。。
1980年4月に創刊した月刊誌「ラジオライフ」は、警察無線の受信や偽造テレカ、盗聴
に至るまで、決して他では知ることのできない情報を紹介し続け、電波系マニアはも
ちろんのこと、電波系=機械いじりが好きで好奇心旺盛な読者が多いということか
ら、ハード系マニアにも支持され続け、創刊31年を迎えました。
しかし昨今の「ラジオライフ」は電波系の記事も少なく、当時の読者から「誰もが読
んだ!!懐かしのラジオライフ復活」を望む声を多くいただき、2011年12月19日に、受
信、無線という「電波」関係に特化した1冊、「ラジオライフDX」を季刊誌(3カ月に1
回の発行を予定)として創刊しました。趣味への復帰と強化を全面的にバックアップ
する内容です。
アマチュア無線やBCLは1970年代後半から1990年代にかけて、また各種の無線受信は
1980年代から2000年にかけて流行した趣味として、現在でも根強い愛好家が楽しんで
います。本書は累計数百万人にのぼると言われる、これらの趣味の経験者(40代以上
の男性)を対象とし、趣味に没頭できた時代の懐かしい話題の回顧や、当時人気だっ
た受信機、無線機をレストアする専門ショップの紹介、再びこの趣味にカムバックす
るために必要となる最新情報をジャンル別で豊富に掲載しています。
■ラジオライフDX創刊号 Amazonリンク
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861994284/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=sansaibooks-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4861994284
■ラジオライフDX Vol.2 Amazonリンク
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861994535/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=sansaibooks-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4861994535
■ラジオライフDX Vol.3 Amazonリンク
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861994896/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=sansaibooks-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4861994896
■ラジオライフDX Vol.4 Amazonリンク
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861995256/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4861995256&linkCode=as2&tag=sansaibooks-22

■本件に関するお問わせ先■
報道関係者様向け問い合わせ先:株式会社 三才ブックス(担当:坂部光俊)
E-mail:sakabe@sansaibooks.co.jp
TEL 03-3255-7995(平日 1000~1800)



■会社概要■
会社名:株式会社 三才ブックス
代表者:代表取締役 塩見正孝
本社所在地:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-6-5 OS‘85ビル4F
設立:1980年3月26日
URL:http://www.sansaibooks.co.jp/

■PDF版は pdfこちら からダウンロードしてください。

■関連ページ http://www.sansaibooks.co.jp/dx/%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95dx%e3%80%80vol-5.html